感謝の数
プロフィール

ねもっちャん

Author:ねもっちャん
■趣味■
サーフィン(トライフィンをメインに、たまにフィッシュ、シングルフィン、ロング)
カメラ(銀塩カメラが15台、デジカメが1台)
育児(4、1、0歳児のパパ+犬)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ

--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.07.26    カテゴリ:  談義~カメラ 

   Arto Saari has Leica M7

   Arto Saari Has Leica M7
   from Gravis official site

アートサリがライカM7持ってるじゃん!!

アートはフィルム好きかぁ。

レンズはズミクロン or ズミルックス?


スケートスタイルもプライベートもかっこいいなぁ。

リスペクトしたいけど、次元が違いすぎます。

  Click here!!   Arto Saari 「MINDFIELD」

            Arto Saari 「Profile」


ってかライカM7買えるぐらい金稼げてんだな。

さすがアートサリ。
スポンサーサイト

2011.05.24    カテゴリ:  談義~カメラ 

   バルナックライカに魅入られた

coffee or home?
GR DIGITAL Ⅲ / GR LENS 6.0mm f1.9


バルナックライカに魅入られてしまった。

ここに「近々買う」宣言をします。


事の発端は、千葉のサンアイカメラに寄ったことから始まる。

店長さんが非常に感じの良い方で、話が弾んだ。
そこでワガママにも、
「バルナックライカのファインダーを覗かせて頂けませんか?」
とお願いした。

これがいけなかった。
そもそも気になっているカメラのファインダーを覗いて、
欲しくならない訳がない。

店長さんはライカⅢfをショーケースから出してくれた。

ふつふつと物欲が湧き上がる。

「バルナックの最終型はⅢgですよね?」
「そうだけど、Ⅲfよりちょっと大きいんだよね。」
「じゃあⅢfの方が自分も好みです。」
「それに戦後のライカは金属の質感がいいよ」

決まった。Ⅲfを買う。

でも今すぐ買うのはやめた。
もう少しⅢfに憧れたいし、(所有すると憧れはなくなると思う)
今日ここでⅢfに出会えただけで十分満足できたから。

それにしてもバルナックはいい。
肩に力がはいらない感というか、一眼レフとは全く違う路線をいっている。
そしてM型になくて、バルナックにはあるものを感じる。


---------------------------------------------------------------
2011.6.2 追記

宣言どおり、バルナック型ライカを入手しました。
ひとつだけ違うこと。それはⅢfでなくⅢaにしたこと。

バルナックについていろいろ調べ、
もっとも欲しい型はⅢaだとわかりました。

板金外装、というやつです。
職人さんがひとつひとつ板金して造ってます。

Ⅲcあたりからダイキャスト外装になり、製造効率・精度が向上した、とのこと。
…わかりやすい話、大量生産が可能になった。ってことです。
(それでもライカですからユニク○と比べちゃいかんですよ)

手持ちにM3もありますから、板金ライカが第一候補となったわけです。

手にした感想
「バルナックいい。M型とはまた違う」
「M3のファインダーはやっぱりすごい」

2011.05.09    カテゴリ:  談義~カメラ 

   いつになったら…

          NIHONBASHI
          GR DIGITAL Ⅲ / GR LENS 6.0mm f1.9 / monochrome


白黒フィルムの現像機材を揃えた。

…3ヶ月前に。

いまだ1度も現像していない。

だってリールにうまく巻けないんだもん!
いくら練習用フィルムでやってもうまくいかない。

このまま現像するとムラがでるらしいし。
ブローニーは巻くのがもっと難しいらしいし。

はぁ、いつになったらGRDに頼る日々が終わるのか…。


未現像の撮影済みフィルム→8本(2011.5.9現在)

2011.05.01    カテゴリ:  談義~カメラ 

   ファインダーに拘る

EOS-1N's Finder
EOS-1N's Finder


「カメラはファインダーが全て」
と61歳のおじさんが言っていた。

今ならわかる。

ライカM3、EOS-1Nのファインダーはすごい。
覗いているだけで幸せになれる。

ここ最近のカメラは、ファインダー作りが最も手を抜かれている。

オリンパスE-300にマグニファイヤーをあてがった。(×1.2倍)
いわゆるハンディキャップ。

それでもM3、EOS-1Nには全然勝てない。


Leica M3's Finder
Leica M3's Finder


まあ最上級モデルと中級モデルを比べてもアレなんだけど。
でもM3は50年以上前のカメラだからねぇ。
ハンディあたえても勝てないことが残念だったので、
とりとめもなく書きました。
以上!

2011.04.17    カテゴリ:  談義~カメラ 

   もうクラシックカメラは修理しない。

Rolleicord Ⅰ type2 (1934)
GR DIGITAL Ⅲ / GR LENS 6.0mm f1.9 / monochrome


壊してしまった…

「もう自分でクラシックカメラを修理しない」

と自分への戒めを兼ね、部屋にディスプレイしている。


ローライコード1型 タイプ2 1934年製
トリオター7.5cm f3.8
コンパー製のシャッター
いわゆる骨董品。

シャッター速度1/5秒以下が粘っていた。スローガバナーの油切れだろう。
ほとんど使わない速度領域。
でも気になるB型。
思いつくと止まらないB型。

…そして壊してしまった。

後悔、自己嫌悪、のしかかる責任の重圧感。

購入した金額は問題じゃない。
世の中にあるローライコードの数を1つ減らしてしまったこと。
こんな素晴らしいカメラの生存数を減らしてしまった、この手で。

もう絶対にクラシックカメラを修理しない。

そう心に誓った深夜3時でした。


Copyright © カメラ馬鹿、サーフィン狂のブログ All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。